アジェンダ

時間 内容 スピーカー 形式
09:30

受付・ウェルカムコーヒー・ネットワーキング

10:00

オープニングスピーチ

本多良行
HRS Japan株式会社 代表取締役社長 

10:10

企業の宿泊出張において、デジタル化はどのように出張者のニーズに応えるのか?

オンラインでのホテル予約は、多くの国で新たな手法として利用されています。企業の出張者は、あたかもレジャーで旅行をしているかのような経験を期待すると同時に、出張規定にも遵守するホテルを希望しているのです。出張者には、トラベルプランを考えるための時間はあまりありません。出張者の期待に応えることができるのは、テクノロジーを使用したパーソナライズ化されたオファーです。出張者と、そのトラベルパターンをより詳細に知ることが出来れば、企業は出張者の要望に応えながらも、出張計画にかかる時間や手間などを取り除くことが出来るのです。

トビアス・ラガー
HRS Group
CEO 



プレゼンテーション

10:40

データの力(The Power of Data)

今日われわれが住む世界において、「Data is King」と言われるようにデータはとても重要なものとなっています。多くのエコノミストに成長、変革、成功のための原動力として「今世紀におけるデータは、前世紀における石油のようなものだ」と言われています。2018年5月号のフォーブス誌の記事によると、世界で一日当たりに生成されるデータの量は、250テラバイトと膨れ上がっていますが、そのうち現在世界に流通しているおよそ90%のデータは過去2年の間に生成されたものです。IoT、各種センサー、ウェアラブルデバイス、ツイート、YouTubeビデオ、モバイルコミュニケーション、チャット、画像、Eメール、ブログ、スカイプ、プリントメディア、テレビ、スマートデバイス等々、数え切れない程のソースから、どれ程のデータ量がどれ程のスピードで生成されているか想像できるでしょうか。
データをインサイトに活用することは、企業にとって貴重な経験となります。データが導き出す発見から隠れたパターンと意外な相関を見つけ出すことは、意思決定者が新たな知見を手に入れるきっかけとなることでしょう。

馬渕 邦美
Facebook Japan
Director 



キーノートスピーチ

11:10

コーヒーブレーク&ネットワーキング

11:40

出張前、中、後、出張者とどのように繋がるのか?

コスト削減や目標を達成させるためには、「始める」ことが重要です。出張は移動や宿泊そのものが目的ではなく、ビジネスミーティングのためにどこかへ出掛ける手段に過ぎません。出張者は、移動や宿泊の予約をシンプルかつスムーズにし、そして効率的で快適なものにしたいと望んでいます。企業の出張規定に遵守していない予約や購買行動は、ほとんどの場合、出張者の旅行期間中に行われています。なぜなら、出張中は迅速な予約をしなければならないため、規定にまで注意が払えうことができないからです。しかし、一方で企業のトラベルマネージャーは、出張者の行動と出費を可視化するために、規定を遵守させ、決まった予約チャンネルを使わせたいと考えています。
このセッションでは、どのようにカスタマーケア・テクノロジーが、コンプライアンスの順守と旅行者の満足に資するために、継続的に企業とその出張者を繋ぐことが出来るかを紹介します。

安達 貴裕
株式会社ファーストリテイリング
有明本部 事業構造改革部 リーダー

中野 正人
ジェネシス・ジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部
本部長

谷中 秀行
マリオット インターナショナル
リージョナル ディレクター グローバルセールス 日本・韓国

フィリップ・モラヴィッツ
HRS
コーポレートデベロップメント&ステアリング バイスプレジデント

ルーラント・ホレー(モデレーター)
HRS
グローバルアカウント&パートナーシップ ディレクター

パネルディスカッション

12:25

プロセスや各種サービスへのアクセスをシンプルにするために、サービスプロバイダーとどのように繋げていくのか?

あらゆるトラベルサービスのサプライヤー間で繋がることにより、企業の社員により良い出張経験を提供しながらも企業には経費管理に必要なデータが提供されます。このような世界が想像できるでしょうか?APIテクノロジーにより、まさに実現しようとしています。このセッションでは、多様なサービスプロバイダー間を繋ぐ現状と今後の展開をディスカッションします。

安達 貴裕
株式会社ファーストリテイリング
有明本部 事業構造改革部 リーダー

冨田 千恵
株式会社コンカー
事業開発部 トラベル事業推進室 室長

佐久 光俊
ユナイテッド航空会社
法人・個人旅客営業部 統括部長

上原 達也
JapanTaxi株式会社
配車UX事業部 Passengersグループ Businessチームリーダー

瀧田 豪
メリディアン株式会社
ビジネスディベロップメント グローバルセールスエグゼクティブ

川上 厚実 (モデレーター)
HRS Japan株式会社
法人営業本部長

パネルディスカッション

13:10

ランチ&ネットワーキング

ネットワーキングタイムの終わりにJazzバンドの演奏もあります。お楽しみください。

14:40

ハイパーコネクテッド社会の到来 〜テクノロジーと人間の未来〜

川口 盛之助

株式会社 盛之助 代表取締役社長
日経BP社 日経BP総研 未来ラボ客員研究員
TEDxTokyoスピーカー

キーノートスピーチ

15:10

クライアント企業のイノベーションと業界の改革:HRSが提供する調達から支払いまでのテクノロジー

トビアス・ラガー
HRS Group
CEO 

プレゼンテーション

15:30

ブレークアウトセッション

ペイメント:どのようにホテル業界で利用していくのか?(企業向けセッション)
プレゼンテーション&パネルディスカッション

多くのサプライヤーは、すべての出張者が使うことのできるバーチャル・ペイメント・ソリューションの構築に取り組んでいます。ホテルはバリューチェーンの末端であり、この新たなペイメント方式を受け入れることは必須となっています。グローバルチェーンにおいては一般的になってきていますが、リージョナルチェーンや独立系ホテルにとってにはまだ多くの課題もあります。このセッションでは、どのようにバーチャル・ペイメントの受け入れを加速させるかを議論します。


複雑な企業の出張エコシステムの中で「選ばれる」ホテルになるためには(ホテル向けセッション)
プレゼンテーション&パネルディスカッション

企業と出張者の要件を満たすことは、企業のホテルプログラムへの参加で成功する秘訣です。企業のホテルプログラムに参加し、まず選ばれるために必要なことは何か、さらにはこの時代の出張者を満足させ、社内でホテルのアンバサダーになってもらえるかを議論します。

渡邉 直美
株式会社日立製作所
バリューチェーン・インテグレーション統括本部
バリューチェーン・インテグレーション推進本部
間接材調達部 担当部長

板倉 賢次
株式会社 東急ホテルズ
セールス&マーケティング部 国際営業 リーダー

本多 良行
HRS Japan株式会社
代表取締役社長

星野  (モデレーター)
HRS Japan株式会社
グローバルアカウントマネージャー




吉原泰章
ソニーコーポレートサービス株式会社
総務センター 保険ソリューション部/トラベルマネジメント部 統括部長

田村 孝平
日本ホテル株式会社
プロジェクト推進部 竹芝開業準備室 次長

角 彰子
株式会社三井不動産ホテルマネジメント
管理本部 業務推進部 マネージャー

上田 和子
HRS Japan株式会社
日本地区ホテルソリューション責任者

ルーカシュ・ダブロウスキ(モデレーター)
HRS
アジア太平洋ホテルパートナー担当シニアバイスプレジデント

ブレークアウトセッション

16:20

コーヒーブレーク&ネットワーキング

16:50

ブレークアウトセッション

コスト削減を達成するための需要と供給の継続的な関係 (企業向けセッション)
プレゼンテーション&パネルディスカッション

出張者が自分自身でホテルの予約をするのであれば、企業はホテルと交渉する意味はあるのでしょうか?複雑かつ変動の多いホテル市場は、スペシャリストでない限り把握が非常に困難です。ホテルは毎日のように新規オープンしたりクローズしており、空室状況によっても常に料金を変更しています。
グローバルでホテルプログラム全体を把握していれば、企業の出張者の特性や要望に応じてプログラムを多様化させることで、バイヤー市場で多くの交渉機会を得ることができるようになります。需給は年間で固定されるものではないため、常に現在進行形のプロセスと言うことができます。このセッションでは、継続的なホテル調達を行うことにより企業にどのようなメリットがあるか、実際の事例を紹介します。


ペイメント:どのようにホテル業界で利用していくのか?(ホテル向けセッション)
プレゼンテーション&パネルディスカッション

多くのサプライヤーは、すべての出張者が使うことのできるバーチャル・ペイメント・ソリューションの構築に取り組んでいます。ホテルはバリューチェーンの末端であり、この新たなペイメント方式を受け入れることは必須となっています。グローバルチェーンにおいては一般的になってきていますが、リージョナルチェーンや独立系ホテルにとってにはまだ多くの課題もあります。このセッションでは、どのようにバーチャル・ペイメントの受け入れを加速させるかを議論します。

池田 美紀
サントリービジネスシステム株式会社
グループ人事総務業務部長

和田 圭史
株式会社オークラニッコーホテルマネジメント
営業本部 マーケティング部 マネージャー グローバルアカウント担当

ジョン・マー
HRS
アジア太平洋担当ソーシングストラテジー&ソリューション ディレクター

グリーリー・コッホ (モデレーター)
HRS
マーケティング担当 バイスプレジデント



渡邉 直美
株式会社日立製作所
バリューチェーン・インテグレーション統括本部
バリューチェーン・インテグレーション推進本部
間接材調達部 担当部長

板倉 賢次
株式会社 東急ホテルズ
セールス&マーケティング部 国際営業 リーダー

本多 良行
HRS Japan株式会社
代表取締役社長

星野  (モデレーター)
HRS Japan株式会社
グローバルアカウントマネージャー

ブレークアウトセッション

17:40

閉会のご挨拶

キミー・ジャン
HRS
アジア太平洋コーポレート担当シニアバイスプレジデント

17:45

ネットワーキング+ブース

セッション終了後、18:30までブースエリアを開放しております。ぜひお立ち寄りください。


— アジェンダは変更される場合がございます。 —

  • 09:30 — 受付・ウェルカムコーヒー・ネットワーキング

    受付・ウェルカムコーヒー・ネットワーキング

  • 10:00 — オープニングスピーチ

    オープニングスピーチ

  • 10:10 — 企業の宿泊出張において、デジタル化はどのように出張者のニーズに応えるのか?オンラインでのホテル予約は、多くの国で新たな手法として利用されています。企業の出張者は、あたかもレジャーで旅行をしているかのような経験を期待すると同時に、出張規定にも遵守するホテルを希望しているのです。出張者には、トラベルプランを考えるための時間はあまりありません。出張者の期待に応えることができるのは、テクノロジーを使用したパーソナライズ化されたオファーです。出張者と、そのトラベルパターンをより詳細に知ることが出来れば、企業は出張者の要望に応えながらも、出張計画にかかる時間や手間などを取り除くことが出来るのです。

    企業の宿泊出張において、デジタル化はどのように出張者のニーズに応えるのか?

    オンラインでのホテル予約は、多くの国で新たな手法として利用されています。企業の出張者は、あたかもレジャーで旅行をしているかのような経験を期待すると同時に、出張規定にも遵守するホテルを希望しているのです。出張者には、トラベルプランを考えるための時間はあまりありません。出張者の期待に応えることができるのは、テクノロジーを使用したパーソナライズ化されたオファーです。出張者と、そのトラベルパターンをより詳細に知ることが出来れば、企業は出張者の要望に応えながらも、出張計画にかかる時間や手間などを取り除くことが出来るのです。

  • 10:40 — データの力(The Power of Data)今日われわれが住む世界において、「Data is King」と言われるようにデータはとても重要なものとなっています。多くのエコノミストに成長、変革、成功のための原動力として「今世紀におけるデータは、前世紀における石油のようなものだ」と言われています。2018年5月号のフォーブス誌の記事によると、世界で一日当たりに生成されるデータの量は、250テラバイトと膨れ上がっていますが、そのうち現在世界に流通しているおよそ90%のデータは過去2年の間に生成されたものです。IoT、各種センサー、ウェアラブルデバイス、ツイート、YouTubeビデオ、モバイルコミュニケーション、チャット、画像、Eメール、ブログ、スカイプ、プリントメディア、テレビ、スマートデバイス等々、数え切れない程のソースから、どれ程のデータ量がどれ程のスピードで生成されているか想像できるでしょうか。データをインサイトに活用することは、企業にとって貴重な経験となります。データが導き出す発見から隠れたパターンと意外な相関を見つけ出すことは、意思決定者が新たな知見を手に入れるきっかけとなることでしょう。

    データの力(The Power of Data)

    今日われわれが住む世界において、「Data is King」と言われるようにデータはとても重要なものとなっています。多くのエコノミストに成長、変革、成功のための原動力として「今世紀におけるデータは、前世紀における石油のようなものだ」と言われています。2018年5月号のフォーブス誌の記事によると、世界で一日当たりに生成されるデータの量は、250テラバイトと膨れ上がっていますが、そのうち現在世界に流通しているおよそ90%のデータは過去2年の間に生成されたものです。IoT、各種センサー、ウェアラブルデバイス、ツイート、YouTubeビデオ、モバイルコミュニケーション、チャット、画像、Eメール、ブログ、スカイプ、プリントメディア、テレビ、スマートデバイス等々、数え切れない程のソースから、どれ程のデータ量がどれ程のスピードで生成されているか想像できるでしょうか。
    データをインサイトに活用することは、企業にとって貴重な経験となります。データが導き出す発見から隠れたパターンと意外な相関を見つけ出すことは、意思決定者が新たな知見を手に入れるきっかけとなることでしょう。

  • 11:10 — コーヒーブレーク&ネットワーキング

    コーヒーブレーク&ネットワーキング

  • 11:40 — 出張前、中、後、出張者とどのように繋がるのか?コスト削減や目標を達成させるためには、「始める」ことが重要です。出張は移動や宿泊そのものが目的ではなく、ビジネスミーティングのためにどこかへ出掛ける手段に過ぎません。出張者は、移動や宿泊の予約をシンプルかつスムーズにし、そして効率的で快適なものにしたいと望んでいます。企業の出張規定に遵守していない予約や購買行動は、ほとんどの場合、出張者の旅行期間中に行われています。なぜなら、出張中は迅速な予約をしなければならないため、規定にまで注意が払えうことができないからです。しかし、一方で企業のトラベルマネージャーは、出張者の行動と出費を可視化するために、規定を遵守させ、決まった予約チャンネルを使わせたいと考えています。このセッションでは、どのようにカスタマーケア・テクノロジーが、コンプライアンスの順守と旅行者の満足に資するために、継続的に企業とその出張者を繋ぐことが出来るかを紹介します。

    出張前、中、後、出張者とどのように繋がるのか?

    コスト削減や目標を達成させるためには、「始める」ことが重要です。出張は移動や宿泊そのものが目的ではなく、ビジネスミーティングのためにどこかへ出掛ける手段に過ぎません。出張者は、移動や宿泊の予約をシンプルかつスムーズにし、そして効率的で快適なものにしたいと望んでいます。企業の出張規定に遵守していない予約や購買行動は、ほとんどの場合、出張者の旅行期間中に行われています。なぜなら、出張中は迅速な予約をしなければならないため、規定にまで注意が払えうことができないからです。しかし、一方で企業のトラベルマネージャーは、出張者の行動と出費を可視化するために、規定を遵守させ、決まった予約チャンネルを使わせたいと考えています。
    このセッションでは、どのようにカスタマーケア・テクノロジーが、コンプライアンスの順守と旅行者の満足に資するために、継続的に企業とその出張者を繋ぐことが出来るかを紹介します。

  • 12:25 — プロセスや各種サービスへのアクセスをシンプルにするために、サービスプロバイダーとどのように繋げていくのか?あらゆるトラベルサービスのサプライヤー間で繋がることにより、企業の社員により良い出張経験を提供しながらも企業には経費管理に必要なデータが提供されます。このような世界が想像できるでしょうか?APIテクノロジーにより、まさに実現しようとしています。このセッションでは、多様なサービスプロバイダー間を繋ぐ現状と今後の展開をディスカッションします。

    プロセスや各種サービスへのアクセスをシンプルにするために、サービスプロバイダーとどのように繋げていくのか?

    あらゆるトラベルサービスのサプライヤー間で繋がることにより、企業の社員により良い出張経験を提供しながらも企業には経費管理に必要なデータが提供されます。このような世界が想像できるでしょうか?APIテクノロジーにより、まさに実現しようとしています。このセッションでは、多様なサービスプロバイダー間を繋ぐ現状と今後の展開をディスカッションします。

  • 13:10 — ランチ&ネットワーキング

    ランチ&ネットワーキング

  • 14:40 — ハイパーコネクテッド社会の到来 〜テクノロジーと人間の未来〜

    ハイパーコネクテッド社会の到来 〜テクノロジーと人間の未来〜

  • 15:10 — クライアント企業のイノベーションと業界の改革:HRSが提供する調達から支払いまでのテクノロジー

    クライアント企業のイノベーションと業界の改革:HRSが提供する調達から支払いまでのテクノロジー

  • 15:30 — ブレークアウトセッションペイメント:どのようにホテル業界で利用していくのか?(企業向けセッション)プレゼンテーション&パネルディスカッション多くのサプライヤーは、すべての出張者が使うことのできるバーチャル・ペイメント・ソリューションの構築に取り組んでいます。ホテルはバリューチェーンの末端であり、この新たなペイメント方式を受け入れることは必須となっています。グローバルチェーンにおいては一般的になってきていますが、リージョナルチェーンや独立系ホテルにとってにはまだ多くの課題もあります。このセッションでは、どのようにバーチャル・ペイメントの受け入れを加速させるかを議論します。複雑な企業の出張エコシステムの中で「選ばれる」ホテルになるためには(ホテル向けセッション)プレゼンテーション&パネルディスカッション企業と出張者の要件を満たすことは、企業のホテルプログラムへの参加で成功する秘訣です。企業のホテルプログラムに参加し、まず選ばれるために必要なことは何か、さらにはこの時代の出張者を満足させ、社内でホテルのアンバサダーになってもらえるかを議論します。

    ブレークアウトセッション

    ペイメント:どのようにホテル業界で利用していくのか?(企業向けセッション)
    プレゼンテーション&パネルディスカッション

    多くのサプライヤーは、すべての出張者が使うことのできるバーチャル・ペイメント・ソリューションの構築に取り組んでいます。ホテルはバリューチェーンの末端であり、この新たなペイメント方式を受け入れることは必須となっています。グローバルチェーンにおいては一般的になってきていますが、リージョナルチェーンや独立系ホテルにとってにはまだ多くの課題もあります。このセッションでは、どのようにバーチャル・ペイメントの受け入れを加速させるかを議論します。


    複雑な企業の出張エコシステムの中で「選ばれる」ホテルになるためには(ホテル向けセッション)
    プレゼンテーション&パネルディスカッション

    企業と出張者の要件を満たすことは、企業のホテルプログラムへの参加で成功する秘訣です。企業のホテルプログラムに参加し、まず選ばれるために必要なことは何か、さらにはこの時代の出張者を満足させ、社内でホテルのアンバサダーになってもらえるかを議論します。

  • 16:20 — コーヒーブレーク&ネットワーキング

    コーヒーブレーク&ネットワーキング

  • 16:50 — ブレークアウトセッションコスト削減を達成するための需要と供給の継続的な関係 (企業向けセッション)プレゼンテーション&パネルディスカッション出張者が自分自身でホテルの予約をするのであれば、企業はホテルと交渉する意味はあるのでしょうか?複雑かつ変動の多いホテル市場は、スペシャリストでない限り把握が非常に困難です。ホテルは毎日のように新規オープンしたりクローズしており、空室状況によっても常に料金を変更しています。グローバルでホテルプログラム全体を把握していれば、企業の出張者の特性や要望に応じてプログラムを多様化させることで、バイヤー市場で多くの交渉機会を得ることができるようになります。需給は年間で固定されるものではないため、常に現在進行形のプロセスと言うことができます。このセッションでは、継続的なホテル調達を行うことにより企業にどのようなメリットがあるか、実際の事例を紹介します。ペイメント:どのようにホテル業界で利用していくのか?(ホテル向けセッション)プレゼンテーション&パネルディスカッション多くのサプライヤーは、すべての出張者が使うことのできるバーチャル・ペイメント・ソリューションの構築に取り組んでいます。ホテルはバリューチェーンの末端であり、この新たなペイメント方式を受け入れることは必須となっています。グローバルチェーンにおいては一般的になってきていますが、リージョナルチェーンや独立系ホテルにとってにはまだ多くの課題もあります。このセッションでは、どのようにバーチャル・ペイメントの受け入れを加速させるかを議論します。

    ブレークアウトセッション

    コスト削減を達成するための需要と供給の継続的な関係 (企業向けセッション)
    プレゼンテーション&パネルディスカッション

    出張者が自分自身でホテルの予約をするのであれば、企業はホテルと交渉する意味はあるのでしょうか?複雑かつ変動の多いホテル市場は、スペシャリストでない限り把握が非常に困難です。ホテルは毎日のように新規オープンしたりクローズしており、空室状況によっても常に料金を変更しています。
    グローバルでホテルプログラム全体を把握していれば、企業の出張者の特性や要望に応じてプログラムを多様化させることで、バイヤー市場で多くの交渉機会を得ることができるようになります。需給は年間で固定されるものではないため、常に現在進行形のプロセスと言うことができます。このセッションでは、継続的なホテル調達を行うことにより企業にどのようなメリットがあるか、実際の事例を紹介します。


    ペイメント:どのようにホテル業界で利用していくのか?(ホテル向けセッション)
    プレゼンテーション&パネルディスカッション

    多くのサプライヤーは、すべての出張者が使うことのできるバーチャル・ペイメント・ソリューションの構築に取り組んでいます。ホテルはバリューチェーンの末端であり、この新たなペイメント方式を受け入れることは必須となっています。グローバルチェーンにおいては一般的になってきていますが、リージョナルチェーンや独立系ホテルにとってにはまだ多くの課題もあります。このセッションでは、どのようにバーチャル・ペイメントの受け入れを加速させるかを議論します。

  • 17:40 — 閉会のご挨拶

    閉会のご挨拶

  • 17:45 — ネットワーキング+ブースセッション終了後、18:30までブースエリアを開放しております。ぜひお立ち寄りください。

    ネットワーキング+ブース

    セッション終了後、18:30までブースエリアを開放しております。ぜひお立ち寄りください。


— アジェンダは変更される場合がございます。 —