Partners

ストラテジックパートナー

JTB-CWT ビジネストラベルソリューションズ

JTB-CWTビジネストラベルソリューションズは、欧米で開発された出張関連業務をアウトソーシングする、ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業にいち早く取り組み、日本の企業文化に合わせたBTMを確立いたしました。

私たちは、ビジネストラベル&エクスペンスマネジメント専門の旅行会社として、経験に裏づけされたコンサルティングと、ITテクノロジーを活用し、出張の手配から精算までのサポートと、出張関連業務をトータルにマネジメント、お客様のニーズに合ったBTMをご提供いたします。

http://www.jtb-cwt.com/

パートナー

Mastercard

Mastercard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋ぎ、多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理等日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しています。

法人領域では、データソリューション「SmartData」を通してカード会社から送られるカード会員情報及びカード取引データを企業に還元するサービスを提供しています。 出張のホテル予約・支払やB2B購買においては「バーチャルカード」をご提供し、企業のより安全、安心な決済ソリューション導入を支援しています。

詳細はmastercard.co.jpをご覧ください。


Mastercardは、当キャンペーンに関する商品及びサービスについて、いかなる責任も負いません。商品及びサービスは、関連する供給業者によって当該供給業者の定める規約に基づき販売又は提供され、Mastercardは、そのような商品及びサービスに関して一切の責任を負いません。商品及びサービスは、Mastercardによって認証されたものではなく、いかなる場合であっても当キャンペーンに当該商品又はサービスが含まれることをもってMastercardが当該商品又はサービスを保証又は推奨していると解釈されるものではありません。当キャンペーン又は商品及びサービスに関する疑問又は問題は、すべて当該供給業者に対して直接お問い合わせください。

株式会社アマデウス・ジャパン

グローバル化の進展の中で、日本企業の業務渡航に対する重要性はますます高まっています。そして手配内容がより複雑化する一方、渡航者からはスピーディな手配が期待されています。さらに、リスク管理の点でテロや暴動などの世界情勢に対する迅速で的確な危機管理も強く求められるようになりました。

より複雑な要求に応え、出張業務を簡素化し、危機対応も同時にこなす・・・そのような高い企業ニーズに、アマデウスの出張手配管理ソリューションはお応えします。

予約から経費清算までの一連のプロセスを「E2E=End to End=すべてを一元管理した形」にすることで、より高い機動力がうまれるだけでなく、企業側の経費削減にもつながります。

アマデウスITグループは企業をはじめ、旅行会社、航空会社、空港、鉄道、レンタカー会社など世界の旅行業界へ先進のソリューションを提供しているトラベルテクノロジーのリーディングカンパニーです。最先端の業務渡航ソリューションAmadeus cytric Travel & ExpenseとAmadeus Mobile Messengerを提供するアマデウスのブースに、ぜひお立ち寄りください。

アマデウスのコーポレートソリューション:http://corporatesolutions.amadeusjapan.co.jp/

アマデウスについて:www.amadeusjapan.co.jp

株式会社コンカー

Concur は全世界の5,200万人以上が利用、約8兆円の経費を処理。日本でもトップシェア(時価総額TOP100社のうち、3社に1社に採用)の出張・経費・請求書管理を最適化するクラウドサービスのデファクトスタンダードです。

Concurソリューションは、オープンプラットフォームにより多種多様なサービスを統合することができ、ビジネスパーソンと会社の負荷を圧倒的に削減するイノベーションを可能にします。

また、経費の発生源とダイレクトにコンカーをつなげることであらゆる支出情報と接続しFact Dataを収集、組織全体の支出状況を可視化・分析することにより、“Perfect Spend Management”を実現します。

https://www.concur.co.jp/

Association of Corporate Travel Executives (ACTE) 

30年にわたるエグゼクティブレベルのグローバル教育およびネットワーキングの機会を提供する非営利団体です。メンバーは、企業のバイヤーから代理店、サプライヤーまで、出張に関わる全てのセグメントにわたり、同等の会員資格が与えられます。ACTEは100か国以上のメンバーで構成され、全世界で30,000人以上が会議に出席しています。

https://www.acte.org/ACTE/Default.aspx

<会場スポンサー>

ホテルオークラ東京

ホテルオークラ東京は、快適なおもてなしを追求し、これまでも海外から数多くの賓客を迎える開業から50年以上の歴史あるホテル。2019年には新本館が開業予定。
詳しくは紹介ビデオをご覧ください。

2019年開業予定新本館について
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/toward2019/

http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/

アリタリア航空

アリタリア-イタリア航空(Alitalia - Società Aerea Italiana)はイタリア最大の航空会社でイタリア国内23都市、世界70都市へ運航しています。 加盟するアライアンスはアエロフロート、アエロメヒコ航空、エールフランス-KLMオランダ航空、チャイナエアライン、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、大韓航空、など20社とともにスカイチームです。
(米)グローバル・トラベラー誌が同誌の読者であるフリークエントフライヤー22,000名を対象に実施した調査で「ベスト・エアライン・キュイジーヌ賞」を8年連続で受賞しています。
また、航空会社や空港ごとの定時到着率などを毎月調査分析し、結果を公表している(米)Flightstats(フライトスタッツ)社の発表によると、2018年1月の定時到着率においては91.89%を記録したアリタリアが第一位になりました。
2018年10月末よりANAと日本=イタリア間、日本・イタリア国内線に相互にコードシェアを実施いたします。マイレージの提携では、ご搭乗いただいたコードシェア区間のマイルが積算できることに加え、両社マイレージ特典航空券が利用できるようになります。

https://www.alitalia.com/ja_jp/

月刊総務

2013年に創刊50年を迎えた、総務部門の指針となる『月刊総務』。

総務部門を、サービス部門ではなく戦略部門だと考え、社会の変化が激しい昨今の、企業のナビゲーター役へとその役割を変えようとしている部門の価値を改めて問い直し、今後の総務のあり方に迫るべく、その<考え方>と<企業事例>、<実務ノウハウ>を柱としたリアリティーのあるコンテンツを提供している。

https://www.g-soumu.com/

トラベルボイス

読者数No.1の観光産業ニュースメディア。「観光×デジタル」の潮流がわかる最新情報やトレンド、分析データなどを配信しています。識者によるわかりやすい解説コラム記事や、その日のニュースをコンパクトにまとめたメールマガジンも好評です。

https://www.travelvoice.jp/


トラベルジャーナル

旅行業界における、「サプライヤー」の情報をいち早く「リテーラー」にお伝えするニュースリリース配信サービスを軸に、リリース受信者の質問をリリース発信者に返信できるなど、双方向型の機能を盛り込んだ、旅行業界専門のコミュニケーション・ツールです。

https://www.tjnet.co.jp/

後援:在日ドイツ商工会議所

AHK Japanはドイツ政府に承認された機関として、有能なチームと幅広い人脈を用い、ビジネス関係の構築、国際見本市への出展など、日本市場への投資の際に効果的なサポートを行うことができます。

http://japan.ahk.de/jp

Simplify business travel